こんにちは。ビットコおじさんだよ。

11月16日と言われているビットコインのSegwit2X分裂に向けてビットコイン界隈が騒がしくなってきたね。

「分裂したらまたコイン貰えるんでしょ?なんでそんなに騒いでるの?」って人も多いと思う。
Segwit2Xのハードフォークでは、BTCのブロックサイズが1MBから2MBになるだけで、今までのビットコインキャッシュ(BCH)やビットコインゴールド(BTG)と同じようには新しいコインはもらえないかもしれないよ。

Σ( ̄ロ ̄|||)


Segwit2XをB2Xっていうアルトコインとして扱うっていう取引所と、今までのBTCとSegwit2Xでより多くのマイナーが支持する方を正当なBTCとして扱う(つまり、負けた方は消える)っていう取引所があるので、BTCを置いている取引所によって対応が変わるらしいよ。
みんなも自分の使っている取引所の対応を一応調べておくことをお勧めするよ。

そもそも、Segwit2Xってなんなのかというと、今のビットコインのブロックサイズは1MBしかないから、将来的に送金システムが目詰まりを起こして、マイナーは高い送金手数料がもらえるものから優先して承認作業をするので、手数料が安いものは送金にすごい時間がかかるか送金されないっていう問題があるんだよ。(※送金の遅延や手数料の増加は既に問題になってきているね。)
だから、このブロックサイズを2MBに上げましょう!っていうのがSegwit2Xのハードフォークなんだね。

あれ?送金手数料安くなるし、送金も早くなるし、いいことじゃん。
なんで反対する人がいるの?って話だね。
ビットコインのブロックサイズは随分前から問題になっていて、「ブロックサイズを上げる!」っていうビッグブロック派と、「ブロックサイズはそのまま!」っていうスモールブロック派がいて、元々のビットコインを開発しているビットコイン・コアっていう開発グループはスモールブロック派なんだよ。

segwit2x0

開発者の数としてはビッグブロック派の方が少なくて、Segwit2Xは開発も遅れてるしセキュリティーも甘くてバグだらけという噂もある。でも、開発者の大多数がSegwit2Xに反対してるのに、マイナーの大多数がSegwit2Xに賛成しているという、ややこしい状況。
このあたりは、技術的な問題と言うよりも政治的な話でまとまっていないようにも感じるね。

ブロックサイズが1MBから2MBになるのかー。いっそのこともっと増やして最初から4MBぐらいにしておけばいいのにね。

しかし、すでに8MBものブロックサイズを持つビットコインが存在するよ!
それが「ビットコインキャッシュ(BCH)」!!

オオーw(*゚o゚*)w

ビットコインキャッシュはビットコインにSegwit2Xのハードフォークの前段のSegwitが導入されるときに、Segwitに反対してハードフォークしたんだよ。

じゃあそもそものそもそもで、Segwitってなんなのよ?ってことになるけど、すごいざっくり言えば、ビットコインのブロックチェーンには署名領域っていうのがあったんだけど、この署名領域を削ったらブロックサイズが4分の1に圧縮できるんじゃね?っていうのをビットコイン・コアの人が開発したんだよ。署名がなくても、トランザクションIDっていうのがあるから、セキュリティー的には問題ないらしい。

ビットコインキャッシュは、「サトシナカモト(神)が考えたビットコインのブロックチェーンから署名領域を削るなんて、サトシナカモト(神)の意向に対する反逆行為だ!Segwitなんかやめてビッグブロックにしたほうがいい!」って言って、ブロックサイズを8Mにして新たなビットコインとしてハードフォークしたってわけだね。

それで、ビットコインキャッシュは「我々こそがサトシナカモト(神)の目指した正統なビットコインである。SegwitしたらもうビットコインではなくてSegwitコインだ」って主張しているんだね。まさに極右原理主義。

それに対して、ビットコイン・コアの主張としては、「サトシナカモト(神)はオープンソースとしてビットコインを作ったのだから、コード上のバグや仕様をより良いものにしていくのがビットコインの正しい姿」って主張してる。リベラルだね。

ビットコイン・コアは、ブロックサイズが少ないままで、送金速度や手数料はどうすんの?っていう問題があるね。
コア開発者はライトニングネットワークっていう技術を使って、ビットコインのブロックチェーンの外側で取引を管理することを考えているみたいだよ。そうなると、そんなのはもはやブロックチェーンって呼んでいいのかどうかって言うビットコインキャッシュの言い分もわかる気がする。

でも、ライトニングネットワークが実装されれば、ミリ秒単位で何千件もの取引が可能になって、取引手数料は1satoshi単位(0.0001円)になると言われている。ビットコインが実社会で決済に使われるようになるには必要な技術だと言われれば、その通りだなって思っちゃうね。

そのコア開発者でさえも反対しているのがSegwit2Xだから、Segwit2Xは超極左ってことだね。
ビットコインは一枚岩ではないね。

Segwit2Xはビッグブロック派なんだから、ビットコインキャッシュと仲間じゃないかって思うけど、ビットコインキャッシュの考え方としては、Segwitをしている時点でもはやビットコインではないって思ってる。

ビッグブロックはビットコインキャッシュだけでもういいやっていうか、ブロックサイズだけでいうなら、Segwit2Xよりもビットコインキャッシュの方が大きいしね。
本当にSegwit2Xのハードフォークする意味あるのか?っていう話もあるし、どうなるのかな?

あと、ビットコインキャッシュは、Segwitが実装されていると「ASIC Boost」っていうASICの裏技を使ったマイニングができなくなるので分裂したっていう噂もある。

ASICを使ってる商業マイナーから見たら、ビットコインよりも「ASIC Boost」を使ってビットコインキャッシュをマイニングした方が効率がいいので、ビットコインの価格が下がったらビットコインキャッシュに乗り換えるマイナーも多いと言われているよ。
マイニング事業に進出して話題になった日本のGMOインターネットも、「当面はビットコインキャッシュを掘る」って発表してた。分裂を繰り返して先が読めないビットコインよりも、ビットコインキャッシュがマイナーやユーザーに支持される時代が来るかもしれない。

そういえば、ウェブボットも「ビットコインキャッシュは2017年11月くらいには良さが広がり始める」って言ってた。当たってる?!
「2018年2月までにお祭り騒ぎになるぐらい上がる」とも言ってた。

(((( ;゚д゚)))

まあ、占いを信じて投資をしたらいけないけど、おじさんはビットコインキャッシュはずっとホールドしているから、お祭り騒ぎになったらいいね!

サトシナカモト(神)の原論文はコインチェックのブログで読めるよ。
https://coincheck.com/blog/292
おじさんも読んでみたけど、全然理解できなかった。(;´Д`)

でも、サトシナカモトってどんな人なのか気になるよね。
Kindle版しかないけど、こんな本があったので読んでみようと思うよ。

アフィリエイトにはならないけど、30日間のKindle Unlimitedの体験版だったら無料で読めるね。興味があれば読んでみて。

じゃあまた。

← 応援ポチっとお願いします。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で