こんにちは。ビットコおじさんだよ。

ビットコイン、はじめてみたいけど難しそうで怖い。
そんな初心者のみんなに向けた内容を初心者カテゴリーにしてみたよ。

ついついブログの内容がマニアックな方向に進みがちなんだけど、おじさんが勉強した内容を公開して、ビットコイン仲間を増やそうって思ったのがこのブログの最初だからね。
おじさんも初心に戻って、もっと初心者にやさしい記事をたまには書いてみる。

なんてやさしいんだろう。まるでビットコインの妖精だね。
そんなハゲ散らかした妖精なんかいないわ!って奥さんが後ろで言ってるよ。


最初にお断りしておくけど、仮想通貨には「これを買ったら絶対に儲かる!」っていうのはないので、おじさんの書いていることはあくまでも、おじさん個人の意見てことで読んでね。
どこかで「これを買えば絶対に儲かる!」とか「高配当確実!」っていう人がいたらHYIPとか詐欺かもしれないから気を付けてね。

さて、取引所を見ると、ビットコイン以外にも色々な仮想通貨が並んでいるね。
きれいなロゴマークとか並んでるけど、どれを買えばいいのかしら?
取引所によっても扱ってる通貨が違うしわけがわからない。

おじさんとしては、とりあえず「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」の3つをおさえておくのがおすすめだよ。

なんでこの3つかって言うと、ビットコインは言わずと知れた仮想通貨の代表格だけど、他の2つはビットコインとそれぞれ方向性が違う仮想通貨なんだよ。

「ビットコイン(BTC)」はブロックチェーンという仕組みを使って、取引の台帳をインターネット上で管理しているんだけど、誰かが運営していたり、管理者がいるわけではないんだよ。ボランティアの開発者と、マイニングっていう取引の承認作業を行うマイナーと、取引をしているユーザーによって成り立っている分散型のシステムだよ。

「イーサリアム」っていうのは、ちょっと説明は難しいけど仮想通貨じゃないんだよ。
(゚ロ゚;)エェッ!?
イーサリアムはブロックチェーン上でスマートコントラクトを構築できるプラットフォームなんだって。ブロックチェーンを使っているので、イーサリアムもビットコインと同じく管理者や運営者が必要ないよ。

ビットコインが「誰が誰にいくら払った」っていう取引の記録だけをブロックチェーンに残すのに対して、イーサリアムは取引だけではなくて、取引の契約内容もブロックチェーンに記録できるよ。
スマートコントラクトっていうのは、契約内容を満たしたら自動で取引を実行する自動契約プログラムのことみたい。
いまいちピンとこないかもしれないけど、イーサリアムを使えば契約内容もブロックチェーンで管理されるので改ざんや不正ができないし、スマートコントラクトで仲介人や中間業者がいらなくなると言われているよ。
イーサリアムが普及したら流通やサービス業界に革命が起きるね!

イーサリアム上でプログラムを動かすためにはイーサリアムの内部通貨の「イーサ(ETH)」が必要なんだよ。「イーサ(ETH)」は承認作業をしてくれるマイナーに手数料として支払われたりするみたい。
だから、正確に言うと取引所で取引されているのは「イーサリアム」じゃなくて「イーサ(ETH)」ってことだね。
今後、イーサリアムを使ったサービスが増えていくと「イーサ(ETH)」の価値も上がっていくと期待されているよ。

【BIGLOBEモバイル】1年目実質600円!(2017年12月3日まで)

そして、「リップル(XRP)」はリップル社が開発・運用している、企業や銀行間の送金システムで使われるブリッジ通貨だよ。ブリッジ通貨っていうのは、例えば円をドルに替えてアメリカに送金するときには、円→XPR→ドルっていうように瞬間的に両替されて送金される仕組みらしい。
この送金システムも取引の台帳管理をしているんだけど、ブロックチェーンではない、独自の「リップル・レジャー(XRP Ledger)」っていう分散型台帳を使っているよ。
他のほとんどの仮想通貨が「非中央集権」って言って管理者がいないのに対して、リップルだけはリップル社っていう会社が運営しているよ。リップル社にはグーグルやSBIも出資していて、仮想通貨界では注目の会社なんだよ。

来年から三菱東京UFJ銀行がリップルを使って送金するっていうニュースも3月末に発表されているよ。
三菱UFJ、送金効率化へ世界連合 米欧豪6行と18年 :日本経済新聞
三菱東京UFJ銀行は2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始める。米バンクオブアメリカ・メリルリンチなど米欧豪の大手6行と連携。米ベンチャーのリップルが持つ技術を活用し、即時決済を可能とする。高止まりしていた手数料も引き下げる見通しだ。新技術を通じた世界連合で、銀行システムの利便性を高める。
おじさんが下手な説明するよりわかりやすいから、リップル創業者のクリス・ラーセンがリップルについて説明してくれている動画を貼っておくので、興味がある人は見てみてね。

 

こんな感じで、仮想通貨にはそれぞれ特徴があるね。
この3つの中で好きなものを選んでもいいし、将来的にどの方式が主流になってもいいように分散投資をしたりするのがいいと思うよ。

「ビットコイン」と「イーサリアム」はどこの取引所でも大体扱いがあるね。
国内だと「リップル」は大手だとコインチェックでしか扱いがないので、リップルに興味があったら下のバナーからコインチェックに登録してみてね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin 

なんかこないだリップル取引所が詐欺だったけど、そこは大丈夫なの?って心配な人もいるかもしれないけど、コインチェックはちゃんとした取引所だし詐欺ではないよ。
コインチェックは盗難補償もついているので万が一のときも安心だしね。

くれぐれも投資は自己責任でね。「ビットコおやじの言う通りに買ったけどダダ下がりやんけ!」とかは言わないように。
何度も言うけど、これを買えば絶対に儲かる!っていうのはないからね。

じゃあまた。

 ← 応援ポチっとお願いします。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で