こんにちは。ビットコおじさんだよ。

いい年こいてタイトルに草生やすおじさんだよ。
ところで、wwwの数とかって正式に決まってるのかな。おじさん、あんまり2chとか見ないからよくわかってないよ。

さて、「マイニングできるかな?(グラフィックボード編)」でAMDの公式サイトからグラフィックボードのドライバーをインストールしたんだけど、なんかAMD公式のマイニング用のドライバーがあるとかいう話を聞いて、さっそく入れ換えてみたよ。


ダウンロードは↓から。
http://support.amd.com/en-us/kb-articles/Pages/Radeon-Software-Crimson-ReLive-Edition-Beta-for-Blockchain-Compute-Release-Notes.aspx

driver1
引用元:AMD

うーん。
こういうステキなモノはもっとちゃんとわかるところに置いておいて欲しい!
情弱なおじさんは普通のドライバーを入れちゃったじゃないか。(-ε-)ブーブー

ざっくり読むと「こいつはベータ版だからアップデートもバグ修正もしねーぜ!使うなら自己責任な。あと、グラフィックとかゲームには使うなよ。」ってことぽい。
ハッシュレート(マイニング力)が上がるならなんでもいい!

driver2
引用元:AMD

Windows10 64Bit版を選んでダウンロード。
「Win10-64Bit-Crimson-ReLive-Beta-Blockchain-Workloads-Aug23.exe」がダウンロードできたら、前回と同じようにダブルクリックで解凍して、ドライバのインストールの画面が出たらキャンセル。

graphic2

これでCドライブのAMDフォルダにドライバがコピーされているので、
デスクトップ画面の左下のWindowsアイコンを右クリックして「デバイスマネージャー」を起動。

driver3

デバイスマネージャーを開いたら、「ディスプレイアダプター」からRX570を右クリックして「ドライバーソフトウェアの更新」を選ぶ。
ドライバーは一個更新したら全部に適用されるからどれでもいいよ。

driver4

「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリック。

driver5

「参照」を押して、さっきドライバーを解凍したところを選んで、「次へ」でドライバーのインストールが始まるよ。インストールの途中で画面がチラついたり消えたりすることもある。6枚あると全部を更新するのでちょっと時間かかるね。

更新が終わったら、デバイスマネージャーのディスプレイアダプターからRX570を右クリックして「プロパティ」を見てみよう。

driver6

ドライバーの日付が「2017/08/08」でバージョンが「22.19.659.0」になっていたら入れ換え成功だよ。
では、さっそく効果のほどを確認したいと思います!

driver7

これがドライバー更新前。
大体1枚当たりが21Mh/sぐらいで、トータル126Mh/sだね。(RX570にしては?って思った?電気代ケチってオーバークロックモデルなのにオーバークロック切ってるからちょい遅いと思う。)

そして、マイニング用ドライバーにしたら?!

driver8

じゃん!w(゚o゚)w オオー!
一枚当たりで22.4Mh/sぐらいになった!トータルは大体134.5Mh/sあたり。

ドライバーの入れ替えだけでハッシュレートが上がるって結構嬉しい。しかもベータ版とはいえ、公式ドライバーだしね。保証とか心配でオーバークロックとかするのはちょっと怖いって人も安心だね。

書き忘れたけど、このドライバーはRX570に限らず、RX470とかRXシリーズ全般で使えるっぽいので、興味があれば試してみてね。

じゃあまた。

← 応援ポチっとお願いします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin