こんにちは。ビットコおじさんだよ。

(※注)マイニングカテゴリの記事は基本的にマニアックな内容なので、マイニングに興味がない人はスキップしてね!Σ(゚д゚;)

みんなもリグは組めたかな?
おじさんも勢いだけで組んで、めちゃくちゃ苦労した「SAPPHIRE NITRO+ Radeon™ RX 570 4GD5」6台リグも、動き始めたらなんだか可愛すぎる。苦労した子ほど可愛いってこういう事かもね。
でも、みんなには6Pinか8Pinどっちか一個の補助電源のグラフィックボードを使うことをおすすめするよ。
(※6Pin+8Pinの場合のケーブルの取り回しについてはまた別記事で書くね。)

今回はいよいよマイニングソフトを紹介するよ。


マイニングソフトっていうのは、マイニングをするためのソフトなんだけど、何の通貨をマイニングするかで違うものを使う必要があるよ。

おじさんが使っているのは「Claymore's Dual Ethereum + Decred/Siacoin/Lbry/Pascal AMD+NVIDIA GPU Miner」っていう超長い名前のマイニングソフト。長すぎるので「クレイモア」で通じるよね。

このソフトがすごいのは、イーサリアムを掘りながら他の通貨も同時に掘れちゃうという、まさに一石二鳥なところ。他の通貨っていうのは、名前の通り「Decred/Siacoin/Lbry/Pascal」のどれかを選んでデュアルマイニングできるよ。イーサリアム以外は知らないコインばっかりだけど、ちゃんとポロとかで取引できるよ。
さっそくダウンロードしてみよう!

claymore0

最新版は「v10.0」だね。
グーグルドライブかMEGAからダウンロードできるようになっているけど、グーグルはファイルをブロックすることがあるからMEGAを使えって書いてあるから、素直にMEGAからダウンロードする。

claymore1

下のほうほど最新版ぽい。一番下はLinux用だから、下から2番目のZIPファイルをダウンロードするよ。ダブルクリックしてしばらくたつとダウンロードがはじまる。

クレイモアは基本的には無料で使えるけど、マイニングした分から1~2%が開発者の手数料として支払われるようになっているよ。手数料なんかビタ一文払いたくない!って人用には「-nofee」オプションっていうのがあって、オプションを指定すると手数料は徴収されなくなるよ。
そのかわり、いくつかの機能が無効になって結果的に採掘速度は約4%遅くなるんだって。
まあ、1~2%ぐらいは払って、ありがたく使わせてもらおう。

と、その前に。
掘ったイーサリアムと草コインの振り込み先を用意せねばいけないね。
おじさんは、イーサリアムはMyEtherWallet、草コインはポロに振り込んでいるよ。
振込先は使えるアドレスがあればどこでも大丈夫だから、イーサリアムは日本の取引所にも振り込めるよ。

どっちも持ってない人は過去記事を参考にしてね。
・MyEtherWalletの使い方(ICOに備えろ!イーサリアム専用ウォレットのMyEtherWalletを使ってみた。
・ポロの口座開設方法(海外の取引所Poloniex(ポロニエックス)に登録してみた。

(注意!)日本の取引所に振り込む場合は、コインチェックだと1ETHが最低デポジット額だから、それより小さい金額の場合は、合計が1ETHを超えるまで反映されないんだって。ちなみにポロも最低デポジット額が0.5ETHだから、0.5ETH以下を振り込むと0.5ETHを超えるまで反映されないよ。
取引所アドレスを使うならビットフライヤーとかにしておくのがいいかもね。

イーサリアムの振り込み先アドレスはMyEtherWalletなら、自分のアドレスに表示されているアドレスになるよ。

claymore2

ポロの場合は、「BALANCES, DEPOSITS & WITHDRAWALS」から、掘りたい通貨を探して「Deposit」を押してデポジットアドレスを表示しよう。
おじさんは「Decred(DCR)」を掘っているから、例えばDecredの場合はこんな感じ。

claymore3

両方のアドレスをメモ帳とかにコピペしておこう。

次に、Decredを掘るためのマイニングプールっていうのに登録するよ。
マイニングプールっていうのは、一人でマイニングするとすごいマシンパワーが必要になるから、みんなで協力してマイニングをして、マイニング報酬を分け合うっていうマイナーの集まりみたいなものだよ。

イーサリアムのマイニングプールは振込先アドレスだけで参加できるけど、Decredのマイニングプールの「suprnova.cc」はユーザー登録が必要。ちょいめんどくさいけど簡単だから登録してみよう。

claymore4

メニューの「Other」から「Sign Up」を選ぶとサインアップ画面になるよ。

claymore5

特に変わった項目もなく、ユーザー名とパスワード、メールアドレスとピンコード(数字4文字)を入力して、利用規約に同意とロボットじゃないにチェックを入れたら「REGISTER」で登録。
ピンコードは設定の変更のときとかに使うので絶対に忘れないようにしよう。
登録ができたらメールアドレスとパスワードでログインできるようになるよ。

ログインできたら次は、マイナーの登録をするよ。
メニューから「My Account」の中の「My Wokers」を選ぶとワーカー登録画面が表示されるよ。

claymore6

「ADD NEW WORKER」にワーカー名(適当)、ワーカーパスワードを入力して、「Add New Worker」を押すと、ワーカーが追加されるよ。
ワーカー名とワーカーパスワードはクレイモアで使うからメモ帳にでもコピペしておいてね。

いよいよクレイモアの設定だよ。
ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると、「start.bat」っていうファイルがあるので、それをメモ帳とかで開いて編集するよ。

claymore7

イーサリアムのマイニングプールは、おじさんは「ethermine.org」っていうところを使ってるので、マイニングプールを「eu1.ethermine.org:4444」に書き換えたよ。
そして、このままでは他人のアドレスに振り込まれちゃうので、イーサリアムの振込先アドレスを自分のアドレスに変更する。アドレスの後ろに「.Rig1」のようにリグ名をつけることができるよ。

EthDcrMiner64.exe -epool eu1.ethermine.org:4444 -ewal イーサリアムアドレス.リグ名 -epsw x -dpool stratum+tcp://dcr.suprnova.cc:3252 -dwal ユーザー名.ワーカー名 -dpsw ワーカーパスワード

こんな感じに書き換えて保存したら、start.batをダブルクリックするとクレイモアが起動するはず・・・。Σ(´д`;)

そういえば、Windowsの仮想メモリを16GB以上に増やしておかないと動かないんだった。あぶないあぶない。
仮想メモリの変更方法はクレイモアの設定よりも長くなりそうなので別で書いておくね。
Windows10の仮想メモリを増やす方法

クレイモアは16GB以上ってことだから「16384MB」でいいんだろうだけど、おじさんは多めに「65536MB(64GB)」にしてある。まあ、多すぎな気もするので「32768MB」ぐらいがちょうどいいかも。根拠はないよ。

さて、仮想メモリの設定が終わったら、「start.bat」をダブルクリックだ!

claymore8

わーい。(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!
こんな画面が出れば成功だよ。マイニングされてるかな?
緑で「Share accepted (xxx ms)!」って出ていたらマイニングされているよ。

イーサリアムのプールに「ethermine.org」を使っていれば、「https://ethermine.org/miners/自分のイーサリアムアドレス」のようにURLの後ろに自分のイーサリアムアドレスを入れると、マイニング状況がわかるよ。

claymore17

青いとこの「Unpaid Balance」っていうのが、未払いのイーサリアムだから今はプールに0.04885ETH入ってる。今は一日平均で0.016ETHぐらい掘れてて、おじさんは未払が0.1ETH貯まったら振り込みされるように設定してるよ。
いやー、ディフィカルティが上がってるのか全然掘れてないねー。(;´Д`)

イーサを掘るかたわらで掘ってるDCRのマイニング状況は「https://dcr.suprnova.cc/」にログインして、ダッシュボードから確認できるよ。

claymore18

こっちは「My Balance」の「Confirmed」っていうところが掘れたDCRってことだね。1DCRで振り込まれるように設定してあるけど、0.01DCR以上あれば手動で振り込むこともできるよ。

あとは、どうやって電気代を抑えつつハッシュレート(マイニング力)を上げるかが課題だね。
マイニングソフトは他にもあるし、ビットコインはSHA-256っていう暗号方式だからGPUマイニングはできないんだけど、GPUマイニングでビットコインを貯める方法なんかもある。
それはまたおいおい紹介していく予定だよ。

じゃあまた。

← 応援ポチっとお願いします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin