こんにちは。ビットコおじさんだよ。

みんな、ビットフィネックス登録できたかな?
ビットフィネックスはFRR(フラッシュリターンレート)の設定ができるから、レンディングを自動化しててもそんなに損はしないようになってるね。
でも、本気のレンダー達は逆にFRRからちょい低めを狙ってズバズバ刺してくる!おじさん恐怖を覚えるよ。

bitseederみたいにマーケットの動向に合わせて最適化してくれるサービスないの?


あります。
CoinLend(コインレンド)です!

coinlend0

引用元:CoinLend

はい。リンク開くとドイツ語。グーテンモルゲン。
右上に言語選択があって英語が選べるよ。英語もわからんて人はグーグル翻訳でもいいけど。
とりあえずアカウントを作ってみようね。
bitseederも返済時に手数料的にコストを取られるだけで実質無料みたいなもんだけど、チャージを入れないと動かせないのに対して、コインレンドは完全に無料で使えちゃう。

coinlend1
引用元:CoinLend

アカウントっていうところから登録できるよ。おじさんはフェイスブックでやろうとしたけどエラーが出たから、グーグルアカウントで連携した。
グーグルアカウントとか使うのなんかこわい!って人は普通にメールアドレスとかでやってもいいんじゃないかな。
おじさんは性善説を信じているから全然平気。

coinlend2
引用元:CoinLend

ログインできたら、「Setting」っていうタブを選んで、「Bitfinex Bot」っていう所にビットフィネックスのAPIのキーとシークレットを入力するよ。上の画面はもう登録しちゃった状態。
言語選択したらトップ画面に戻った!って人は、トップ画面から「SETUP BOT」を押してね。ドイツ語表示の時は「BOT EINRICHTEN」だよ。ボットアインリヒテン!ドイツ語かっこいい。

え?ビットフィネックスのAPIキーってなにって?
ビットフィネックスにログインして、右上のアカウントメニュー的なアイコンから「API」を選ぶと作れるよ。

coinlend3
引用元:Bitfinex

「Create New Key」で「PERMISSIONS」ってのを上の画像と同じにしてね。Readは間違っても読まれるだけだから大丈夫だけど、Writeを間違うとAPIキーを知ってると引き出しとかもできちゃうから気を付けて。コインレンドで必要なWriteは「Margin Funding」だけだよ。

「Label Your API Key」に適当な名前を入力して、「Generate API key」を押せば、APIキーが生成されるよ。

coinlend4
引用元:Bitfinex

うまくいけばこんな画面が表示されるので、「API key」と「API key secret」に表示されている文字列をコインレンドにコピペしてね。(※このAPIキーの画面は一度閉じちゃうと再表示できないので注意だよ。)
APIキーが登録できたら、レンディングの設定ができるよ。

coinlend5
引用元:CoinLend

基本的にはbitseederと同じだね。
貸し出したい仮想通貨のところをONにして、貸出の分割枚数と最低利率を決めて、常に2日で貸すをONにして「Save settings」で自動レンディングが開始されるよ。

あ、最後にもうひとつだけ注意点があった。注意点てほどでもないけど、コインレンドで表示されている利率は全部年利だから気を付けて。って、ビットフィネックスでは日利表示だから、そのぐらいは見ればわかるよね。おじさんはたまに混乱する。

いやー、コインレンド、これで完全無料なんだからすごいよねー。
なんか、左側の方に「Poloniex Bot」って見える気がするけど、ポロでも使えるんだろうね。気のせいと思うけど。ポロでも無料で使えたりもするのかもねー。あー、見たくない見たくない。(;´Д`)

というわけで、bitseederチャージ切れた人はCoinLendで無料ポロレンディングチャレンジしてみて。おじさんはまだまだチャージあるから、ポロではbitseeder頑張って使うよ!

じゃあまた。

← 応援ポチっとお願いします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin