こんにちは。ビットコおじさんだよ。

おじさん、ビットコインの枚数は増やしたいんだけど、もう歳だからトレーディングはちょっときつくなってきた。なんとか楽して儲ける方法はないかなーっていつも考えているよ。ダメ人間代表だね。

でも、そんなダメ人間のおじさんでも、こいつはいけるんじゃあないですか?っていう方法を見つけたよ。それが「レンディング(LENDING)=貸し出し」だ!
日本でもコインチェックが貸し出しサービスをやっているね。最大で年利5%か。


年利5%ってことは、1BTCを1年間預けたら1.05BTCになるね。塩漬け(長期ホールド)を考えている人はただ寝かしておくよりいいかもね。銀行の定期預金の金利よりもよっぽどいいし、ビットコイン自体が値上がりしていくからね。ただ、預けたら1年間は動かせない。だから、1年は長すぎて心配な人は年利は低くなっちゃうけど14日から貸し出せるようになっているみたい。

なんと、そんなビットコインの貸し出しが、ポロではもっとお手軽にだれでもできちゃうんだって!
しかも、年利じゃなくて日利(日歩)で、最短2日から貸し出し可能。
気になる利率は?!それも自分で設定できるですとー!?(゚ロ゚;)エェッ!?

まずは、メニューのBALANCESから、「TRANSFER BALANCES」を選んで、貸出用のウォレットに資金を移してね。

polo9
引用元:Poloniex

ポロのロゴの右側にあるメニューから「LENDING」を選ぶとレンディング画面になるよ。BTC LENDINGになってなかったら、右の「MY BALANCES」からBTCをクリックして切り替えてね。ほかの仮想通貨を貸し出したいときもここで選べるよ。

polo13
引用元:Poloniex

そしたら、貸出レート(利率)を決めて、貸し出す額を決めて、貸出日数(2日がおすすめ)、自動更新(チェック入れると、貸出期間が終了すると同じレートで自動で貸し出ししてくれる)これはお好きに。
「Offer Loan」を押すと、下の「MY OPEN LOAN OFFERS」っていうところに表示されるよ。

誰かが借りると、「MY ACTIVE LOANS」に表示される。一番右の「Fees」についた利子が表示されるから、ちょっとづつ儲かっているのがわかって楽しい。

利率に関しては、好きな利率を設定できるけど利率高いと誰も借りてくれないから、結局は需要と供給のバランスによって貸出利率の相場が決まっていくんだね。でも、あまり低い利率なら貸さないって自分で決めてもいいし、遊ばせておくぐらいだったら少しでも増える方がいいってこともあるよね。

安くても早く貸し出したいっていうときは、「LOAN OFFERS」に表示されている最低利率よりも安く設定すれば、すぐに借り手がつくと思うよ。

日数は2日が一番リスクが少なくて、かつ複利で回せるようになるから2日のままがおすすめだけど、高い金利で借りる代わりに30日貸してくれーっていう相手もいる。貸すか貸さないかは自分次第だけど、仮に30日で貸し出しても、30日以内でも相手がポジションを閉じたら即返済されるよ。2日にしておいても2秒で返されることもある。

レンディングの注意点としては、貸し出している間はそのビットコインは売り買いできないし、動かせなくなっちゃうのでその間に急に相場が暴落して、ショートも損切りもできなかったとかいう可能性はなくもない。
あと、オファーを出している状態では「TRANSFER BALANCES」の残高にオファー分は出てこないから、ビットコインを為替や信用取引に動かしたいときは、オファーをキャンセルする必要があるよ。

これを書いている今は、ビットコインは結構低金利で日歩1~2銭(0.01~0.02%)だから、年利にしたら3.6~7.2%ぐらい。これだったら、本気で貸し出しを考えている人は今はポロよりはコインチェックの方がいいかもね。
でも、ポロは2日に1回利子がついて戻ってくるから、複利で利息がついていくんだ。
複利は人類最大の発明ってアインシュタインが言ったとか言わないとか。
おじさん今まで見た中では年利150%とかあったよ。まあ、そんな相場は長くは続かないから、年利で考えるのはあまり意味ないけどね。

ポロのレンディングの仕組みをよく見てみると、MARGIN TRADING(信用取引)で、ビットコインを借りたい人がLENDINGから直接借りるようになっているみたいだよ。
取引所が貸すわけじゃなくて、借りる側も自分で利息を決めて、貸したい人から直接借りることができるって、なんかアメリカっぽいね!
そんなのして、貸し倒れの心配とかないの?って思うかもだけど、ポロのマージントレードはレバレッジが2.5倍までで証拠金率20%で強制決済だから、そうそう貸し倒れは起きないと思うよ。
最悪、証拠金分は戻ってくるはず。なったことないからわからないけど。

レンディングできる仮想通貨は種類が決まっているけど、塩漬けして置いておくならレンディングで貸し出して、タイミングが合えば高利率を狙えるから、みんなも興味あったらやってみて。

おじさんはトイチの利息を付けて、ミナミの帝王ごっこやナニワ金融道ごっこして遊んでるよ。
じゃあまた。

← 応援ポチっとお願いします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin